介護資格の一元化

現代の日本では、高齢化と少子化の板挟みにより、介護の需要が増加して、供給が不足していると言った事態に陥っています。
その為、介護の求人は増え続けており、現場では人手不足や施設不足が続いています。
そんな介護の現場で活躍できる資格として、介護職員初任者研修が2013年に誕生しました。
以前は、ホームヘルパー1級~3級、介護職員基礎研修と呼ばれる資格がそれぞれありました。
しかし、資格が増えることにより、区分けが煩雑化してしまうため、介護職員初任者研修に一元化されました。
この資格は、都道府県の要綱に基づいて試験が行われる為、地域ごとで試験内容が異なります。
また、この研修制度が発足すると共に、養成カリキュラムが新しく組み込まれました。
これによって、ホームヘルパーや介護職員基礎研修といった複数の資格を取る必要がなくなり、介護の現場に従事する方も分かりやすくなっています。
また、介護福祉士は統合されておらず、介護職員基礎研修のスキルアップの道として残っています。

ちなみに、ホームヘルパー2級に相当するものが初任者研修の資格です。
これまで、ホームヘルパーや介護職員基礎研修の資格が細分化されていた為、携わることの出来る業務に差がありました。そのため、効率的に資格を活かすことが出来ませんでした。
しかし、資格を一元化することによって、全ての介護業務に従事することが出来るようになりました。
現在は、資格が一本化されたことで、介護の現場での働きやすさが向上しています。


注目の記事

  1. 資格取得
  2. ステップアップをする
  3. 人材募集